経費削減などに役立つ代行サービスやシステムの利用

支援システムで計算

営業支援の関係のシステムは企業規模に応じて色々なものがあります。その機能や価格に応じて選ぶことができますので、導入を検討している場合は適切なものを選ぶようにしてください。まだ導入の実績が無い場合には、システムを運用している会社に提案をしてもらうのも一つのです。 最近は小規模であればクラウド化されたシステムを利用することも可能です。導入に関する費用を抑えることができますので、まずは小さなシステムから経費精算で利用してみるのも一つの手です。

経費精算をシステム化しても領収書などの原本は必要となります。システムから申請を出した後に上司や経理の担当者のところへ、その原本を持っていくやり方が一般的です。この部分だけはどうしてもアナログで対応する必要がありますので、システムのデータと紐付けができるように運用の工夫が必要となります。 領収書などの原本は個人単位、または申請のIDなどの単位でまとめて保管しておくことが望ましいです。台紙のようなものを用意してそこに糊付けしてもらう方法もあります。一人一人が経費精算に掛ける時間は短いですが、全員の時間を考えると会社としては大きな労働になります。この辺りの作業を効率化することで、会社のパフォーマンスを上げることにもつながりますので、方法を模索してみてください。